++ パウセ ++

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IC434  馬頭星雲 



2016年1月3/4日撮影 

FSQ106直焦点 (D106mm f530mm F5.0)
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS X2(改造) + LPS-P2-FF

ISO1600 7分×30枚(総露出3時間30分) (左側が北)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像、
ステライメージでコンポジット、PhotoshopCS4にて処理
大芦高原

画像処理担当の奥様です:
アルニタクは、やはり手ごわいです。反射のスパイダーがあったほうが、処理しやすいです。
X2だったので、きつめの処理をしていたら、アルニタクの巨大なハロが出てるし、小さめの
輝星もぼやけなくて、ハロぽくなってしまいました。


撮影担当のご主人です:
赤道儀EM200はすごいと再認識。 というのは、馬頭星雲の南中は23時ごろだったから、
撮影時間の半分以上がイナバウアー状態だったのに、ガイド流れ画像はナシでした。
というか、イナバウアーの方がガイドが安定していたような気も・・・

ドギツメ画像ですが、・・・、馬頭星雲あたりは、やはりカラフルですね。
しかし、輝星アルニタクはヤッパ邪魔。「爆発して消えてほしいのは、ベテルギウスではなく、
この星」という心境です。でも、若い星だそうで、それは無理らしい。


Home

本日の太陽・月の出没・月齢

カレンダー

03 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

プロフィール

 チームN

Author: チームN
岡山県在住。夫婦で分担して、主に直焦点ガイド撮影にチャレンジ中です。

望遠鏡:
Kenko SE120
Vixen ED80Sf
Vixen R200SS
TAKAHASHI FS-60CB
TAKAHASHI FSQ-106ED

赤道儀:
Kenko Sky Explorer Ⅱ
TAKAHASHI EM-200

カメラ:
CANON EOS Kiss X2(IR改造)
Nikon D5000
CANON EOS Astro60D

カテゴリ

  • 銀河(46)
  • 星雲・星団(114)
  • 月(11)
  • 惑星(3)
  • 星景(11)
  • 未分類(16)
  • 星野(5)
  • 流星(2)
  • 彗星(3)

リンク

検索フォーム

メールフォーム

アーカイブ

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。