++ パウセ ++

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

M33



2015年9月10/11日撮影 

R200SS(D200mm f800mm F4)+ コマコレクター3
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Astro60D + HEUIB-II-FF

ISO2500 8分×20枚 (総露出2時間40分)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像、
ステライメージでコンポジット、PhotoshopCS6にて処理
かもがわスポーツ公園



撮影のご主人:
NGC7331+五つ子の後、なんとなくM33を撮りたくなりました。そのとき、勘違いして
カメラをわざわざ90度回転させてしまったのは失態です。(まったく余計なこと。)
奥様の腕がチョイ上がったのかも・・・、カラフルさとメリハリが少し向上。


画像処理の奥様です:
岡山アストロクラブで画像研究会があり、その時の情報(特にLightroom)を元に試行
錯誤中です。
私は、PSのLightroomは持っていないので、おそらく同じような機能を持っている(?)
Camera Rawで強調処理をしちゃうというのですが・・・
M33は、まずまずうまくいったほうでしょうか。やはり反射の柔らかい雰囲気が好きです。

画像処理研究会で惜しみなく、処理手順を披露してくださった方々、情報提供してくだ
さったYuu☆さんに感謝です。


Camera Rawでの仕上げ

BridgeのCamera Rawアイコンで画像(荒れない程度に色だしした)を開き、基本補正、
トーンカーブ、ディテールあたりをコソコソいじって・・・ ヒストグラムがほとんど崩れ
なくて、(びっくり!)うれしい機能です。
現像の時は、ホワイトバランスとノイズ軽減しか使っていないので、もったいない!
ただ、保存の仕方がややこしく、イラッとしてしまいます。結局2回保存ですか?いまだ
よくわかってない・・・
こんな使い方でいいのかしらんと思いながら、すでにトリコになってしまいました。
とりあえず、しばらくは、Camera Rawで、最後の望み(仕上げ)をかけてみます。笑
それから、PS本体の「特定色領域」を知ったことも大きな収穫でした。感謝。

しかし、、、何事も「ほどよい加減」ってのが難しいです・・・ 悲劇が続く・・・笑




Home

本日の太陽・月の出没・月齢

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

プロフィール

Author: チームN
岡山県在住。夫婦で分担して、主に直焦点ガイド撮影にチャレンジ中です。

望遠鏡:
Kenko SE120
Vixen ED80Sf
Vixen R200SS
TAKAHASHI FS-60CB
TAKAHASHI FSQ-106ED

赤道儀:
Kenko Sky Explorer Ⅱ
TAKAHASHI EM-200

カメラ:
CANON EOS Kiss X2(IR改造)
Nikon D5000
CANON EOS Astro60D

カテゴリ

  • 銀河(46)
  • 星雲・星団(114)
  • 月(11)
  • 惑星(3)
  • 星景(11)
  • 未分類(17)
  • 星野(5)
  • 流星(2)
  • 彗星(3)

リンク

検索フォーム

メールフォーム

アーカイブ

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。