++ パウセ ++

 

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CD-1で、オリオン座付近

CD-1用の自由雲台を強化して、CD-1本体の重心を三脚の中心によりもっていくように
セッティングしました。
まずまず流れなくなったので、バーナードループに挑戦しました。


<共通データ>

2013年12月28日撮影

CANON EOS KissX2(改造) + Leeソフトフィルター#3
CD-1C+追尾
ダーク減算なし、フラット補正なし、PhotoshopCameraRawで現像、
ステライメージでコンポジット、PhotoshopCS4にて処理
かもがわスポーツ公園




Tokina AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8(16mm F2.8)
2分×8枚
約95%にトリミング

処理もお手軽にしています。ダークもフラットもなしで、PhotoShopのCameraRaw
での現像時に、ノイズ軽減で、輝度とカラーを若干スライドしています。周辺減光が
目立ってきたら、PhotoShop→フィルタ→変形→レンズ補正→周辺減光で調整してます。
こんなことでいいのかどうかわかりませんが・・・2分だしぃ・・・

Tokina16mmで、この露出時間では、バーナードループをあまり出すことができませ
んでした。
ばら星雲は、かなり濃いようで、以前、準光害地の自宅からでも撮影ができたわけで
すね。コーン星雲やわし星雲は比較的薄く、いい条件で露出を稼がないと難しいと、
再確認できました。







Carl Zeiss Tessar 2.8/45 T* (45mm F2.8)
2分×7
ノートリミング

ツァイスのテッサー45mmをやっと試すことができました。以前、プラナー85mmで
撮影した時は、色収差が激しかったので、テッサーも期待してなかったのですが、
意外にもいい写りで、気に入ってしまいました。
処理は上と同じです。
Leeソフトフィルタ#3が効きすぎているようで、#2か#1でも試してみようと思
いました。


Home

本日の太陽・月の出没・月齢

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

プロフィール

Author: チームN
岡山県在住。夫婦で分担して、主に直焦点ガイド撮影にチャレンジ中です。

望遠鏡:
Kenko SE120
Vixen ED80Sf
Vixen R200SS
TAKAHASHI FS-60CB
TAKAHASHI FSQ-106ED

赤道儀:
Kenko Sky Explorer Ⅱ
TAKAHASHI EM-200

カメラ:
CANON EOS Kiss X2(IR改造)
Nikon D5000
CANON EOS Astro60D

カテゴリ

  • 銀河(46)
  • 星雲・星団(114)
  • 月(11)
  • 惑星(3)
  • 星景(11)
  • 未分類(17)
  • 星野(5)
  • 流星(2)
  • 彗星(3)

リンク

検索フォーム

メールフォーム

アーカイブ

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。