++ パウセ ++

Date : 2015年04月

M20 三裂星雲


                                                    
2015年4月22/23日撮影 

FSQ106+1.6EX (D106mm f850mm F8)
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Astro60D + HEUIB-II-FF

ISO1600 10分×12(総露出2時間)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像、
ステライメージでコンポジット、PhotoshopCS6にて処理
大芦高原

撮影担当のご主人です :
この前、行った四国のカルスト台地に比べると、大芦は光害で空が
明るいです。でも、許容限度内でしょう。


アンタレス周辺



2015年4月17/18日撮影 

FSQ106+0.73RED (D106mm f385mm F3.6)
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Astro60D + HEUIB-II-FF

ISO1600 5分×8枚×2モザイク(総露出1時間20分)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像、
ステライメージでコンポジット、ICEでモザイク、PhotoshopCS4にて処理 
四国天狗高原


撮影担当のご主人から : ベストの空ではなかったようですが、さすが
四国の山の上、露出時間の割には、よく色が出ました。私としては、
画像処理がちょっとドギツイ気もしますが、まあイイか。


画像処理担当の奥様から : どぎついか~
やはりFSQ、今まで撮ったなかで、一番きれいに仕上がりました。
2枚モザイクのせいもありますが。
今回は、二枚の画像がPSのPhotomergeでうまく繋がらず、ステラ
イメージとPSで、びんたんさんのブログを参考にして、あれこれ
試行錯誤していましたが、繋がったものの処理すればするほど、
境目がくっきりこん。涙
あきらめかけていたところ、撮影に行った主人が、てつにぃさんから、
マイクロソフトのICE情報を得、さっそくやってみました。
おかげさまで、いい感じに繋がり、境目もごまかせた?
てつにぃさんに感謝です。
とにかく下半分の緑のかぶりが激しく、なんやかんやした苦作です。


M83


                                                       左北
2015年4月17/18日撮影 

FSQ106+1.6EX (D106mm f850mm F8)
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Astro60D(冷却なし)

ISO2000 15分×4(総露出1時間)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像、
ステライメージでコンポジット、PhotoshopCS4にて処理
約70%にトリミング 
四国天狗高原


撮影担当のご主人から : まずまず写っていると満足します。実は、冷却カメラの電源がOFF
になっていたこと、予定のフィルタを入れ忘れたままだったことに、撮影後、気づきました。
夕食時の熱燗で酒気帯び状態だったせいでしょうか。






27mm  27秒 


27mm  26秒

ama_8700qw111111.jpg
24mm  32秒

Canon5DMarkⅡ EF24-70mmF4   ISO3200  F4   固定

奥様は、CD-1用のクイックシューを忘れたために、固定撮影のみに励みました。
天空の宿(天狗荘)のベランダから白い天の川を見つけた時は感動しました。
あまり夜の撮影には行けないのであきらめてはいましたが・・・
やはり、明るいレンズがほしくなりました。







NGC4631(くじら銀河)とNGC4656



2015年3月21/22日撮影 

FSQ106+1.6EX (D106mm f850mm F8)
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Astro60D + HEUIB-II-FF

ISO2000 10分×18(総露出3時間00分)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像、
ステライメージでコンポジット、PhotoshopCS4にて処理 
大芦高原

撮影担当のご主人 : ここを撮ったのははじめてです。なんか、
これも長焦点反射向きですかね。


M51 子持ち銀河


                                                       左北
2015年3月19/20日撮影 

FSQ106+1.6EX (D106mm f850mm F8)
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Astro60D + HEUIB-II-FF

ISO2000 10分×21(総露出3時間30分)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像、
ステライメージでコンポジット、PhotoshopCS4にて処理 
岩倉

例によって、撮影担当のご主人です :
長焦点を持っていないので、春はつらい季節です。それに、屈折は色が出にくいみたい。
一念発起して、長い反射を手に入れようか、でも、そうすると、オフアキにしてLodestarも
きっと必要、大出費になりそう。ついでに、冷却CCDもほしい(ブツブツブツ・・・)




約44%にトリミング




本日の太陽・月の出没・月齢

カレンダー

03 | 2015/04 | 05
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

プロフィール

Author: チームN
岡山県在住。夫婦で分担して、主に直焦点ガイド撮影にチャレンジ中です。

望遠鏡:
Kenko SE120
Vixen ED80Sf
Vixen R200SS
TAKAHASHI FS-60CB
TAKAHASHI FSQ-106ED

赤道儀:
Kenko Sky Explorer Ⅱ
TAKAHASHI EM-200

カメラ:
CANON EOS Kiss X2(IR改造)
Nikon D5000
CANON EOS Astro60D

カテゴリ

  • 銀河(46)
  • 星雲・星団(114)
  • 月(11)
  • 惑星(3)
  • 星景(11)
  • 未分類(16)
  • 星野(5)
  • 流星(2)
  • 彗星(3)

リンク

検索フォーム

メールフォーム

アーカイブ

Top