++ パウセ ++

Date : 2015年01月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ラブジョイ彗星



2015年1月12日撮影 

FSQ106+0.73RD (D106mm f385mm F3.6)
EM-200 ノータッチガイド
CANON EOS X2(IR改造) スパイダーは自作ピント・チェッカー 

ISO1600 45秒×5枚 (総露出3分45秒)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像、
ステライメージにて彗星核中心コンポジット、PhotoshopCS6にて処理
大芦高原


画像班より
もっと尾っぽを出したい!

ようやくまとめて更新できました。
昨年末のものは、しばらく寝かせて熟成させていましたが、なんの効果もみられず、
余計にストレスがたまるという悪循環でした。なるべく早めに処理しようと思いますが・・・
今年もよろしくお願いします。


撮影担当のご主人:
ラブジョイ彗星、露出時間と枚数が決定的に足りませんでした。
fl=385mmでもAPS-Cサイズなので、テイルが画面からはみ出しているようです。
彗星核でコンポジットしたので、恒星のスパイダー(の片方)が幅広くなっています。
スパイダーはない方がよさそう。
次回の撮影はもう少し計画性と慎重さを、・・・と思っています。



スポンサーサイト

IC434 馬頭星雲



2014年12月20日撮影 

FSQ106+0.73RD (D106mm f385mm F3.6)
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Kiss X2(改造) 

ISO1600 5分×36枚 (総露出3時間)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像、
ステライメージ、PhotoshopCS6にて処理
大芦高原


画像班より
三ツ星の真ん中の星(アルニラム)を入れたのは、失策かと。
ピントチェッカーのスパイダーがこんなにも強烈だとは・・・これも失策かと。
アルニタクの処理に悩む領域です。ここでギブアップでした。

撮影担当のご主人より
なんか、どぎつい画像ですね。輝星のスパイダーだけでなく、すべてがギラギラ。
ひょっとして、ISOと露出時間の設定もまずかった? 空がよくなかったわけでも
なさそうだし、・・・
リベンジする必要がありそうです。





ふたご座流星群


2014年12月14日撮影 (22:35頃の流星)

EF 24-70mm F4L IS USM (F4開放 24mm)
CANON EOS 5DmarkⅡ
EM-200 ノータッチガイド
ISO1600 60秒 
PhotoshopCS6にて処理
瀬戸宗堂

撮影担当のご主人より
2個だけでした。「雲の流れが速いときに1分露出は長すぎる」とか。
たしかに、撮ったはずの流星が、その後に来た雲で消えてしまったと
思われる画像が幾つかあり残念。
ISO感度ももっと上げた方がいいかも。






2014年12月14日撮影

Tokina AT-X 116 PRO DX 11-16mm F2.8 (11mm F2.8開放)
Canon EOS Kiss X2
CD-1
ISO1600 30秒 
SiriusComp PhotoshopCS6にて処理
瀬戸宗堂

せっかくなので、EM200とCD-1の両方で追尾することにしましたが、
同じような方向と露出だったので、もっと変えたらよかったなと。
一台は、前景を入れて撮ってみたいです。
流れていた割には、うまく捉えることができず、残念でした。
こちらは、4個。



NGC2403



2014年11月15日撮影 

R200SS(D200mm f800mm F4)+ コマコレクター3
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Astro60D

ISO2000 10分×16枚 (総露出2時間40分)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像、
ステライメージ、PhotoshopCS6にて処理
岩倉


画像班より
久しぶりのR200SSによる画像処理でした。
スパイダー軸が太いためか、強調処理をすればするほど、ひし形マーク付のスパイダー
になってしまいます。
やはり、この対象は、1000mm以上で撮影したいです。


撮影担当のご主人より
やはり800mmじゃ、銀河が小さいね、露出時間もがんばったけど、色も思ったほどには
出ないね、でも、まあヨシとしましょう。




本日の太陽・月の出没・月齢

カレンダー

12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

最新記事

プロフィール

Author: チームN
岡山県在住。夫婦で分担して、主に直焦点ガイド撮影にチャレンジ中です。

望遠鏡:
Kenko SE120
Vixen ED80Sf
Vixen R200SS
TAKAHASHI FS-60CB
TAKAHASHI FSQ-106ED

赤道儀:
Kenko Sky Explorer Ⅱ
TAKAHASHI EM-200

カメラ:
CANON EOS Kiss X2(IR改造)
Nikon D5000
CANON EOS Astro60D

カテゴリ

  • 銀河(46)
  • 星雲・星団(114)
  • 月(11)
  • 惑星(3)
  • 星景(11)
  • 未分類(17)
  • 星野(5)
  • 流星(2)
  • 彗星(3)

リンク

検索フォーム

メールフォーム

アーカイブ

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。