++ パウセ ++

Date : 2014年02月

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NGC4236



2014年2月21日撮影

R200SS(D200mm f800mm F4)+ コマコレクター3
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Astro60D 

ISO1600 10分×15 (総露出2時間30分)
約88%にトリミング

RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像、
ステライメージ、PhotoshopCS4にて処理
岩倉山



なんでこんなに料理するのに難しいものを釣ってきたのでしょう。(画像処理班)

OACのSiriusさんが、面白くないと言いながらも、結構おいしそうに食べていたので。
しかし、釣り方が悪いのか、うちでは料理にならなかったようです。(機材&撮影班)



スポンサーサイト

CD-1で、再びオリオン



2014年1月23日撮影

Carl Zeiss Tessar 2.8/45 T* (45mm F2.8)
CANON EOS KissX2(改造) + Leeソフトフィルター#2
CD-1C+追尾
ISO1600 180sec×18(54分)
ダーク減算なし、フラット補正なし、PhotoshopCameraRawで現像、
ステライメージでコンポジット、PhotoshopCS4にて処理
大芦高原


先月ですが、再び、オリオン座周辺を撮ってみました。
前回の方が空の条件はよかったです。今回、3分だと、周辺減光、カブリも
強くでるし、黄色の星だらけで、ツァイスの色収差の激しさMAXでした。
処理がまずくて、ベテルギウスが爆発しちゃいました。(+o+)







いつもは、このままの状態を保っていますが、バラして一からセッティングを
することもありそうなので、写真を撮りました。三脚用の雲台は、Velbon PHD-61Q
この形にセットすると、ちょうど私の小顔(?)がハマって、北極星を入れることが
できるのでラッキーでした。小さく産んでくれた親に感謝。(笑)
南は、これで、バランスがよいのですが、北はレンズによるでしょうか。一応、
パンケーキ型のツァイス45mmはOKでしたが、70-200mmの胴長では無理かも。




EF70-200F4 (200mm F4.5) ISO1600 90sec 1枚
とりあえず、南はギリギリセーフか。




写真展のお知らせ

JBN33P1Z.jpg


岡山市北区にある「人と科学の未来館 サイピア」にて、岡山アストロクラブの

天体写真を展示しています。 2Fプラネタリウム入り口付近です。

チームNは、直焦点3点、星景1点、展示していただきました。

先日、ここのプラネタリウムを見に行きましたが、今まで見た番組の中(他館含めて)

で、1.2番目によかったです!南の星空のバリ編でしたが、クイズもあって、ていね

いに興味深く作られていたと思います。

わたくし(♀)、初めて、寝ませんでしたから。(笑)





NGC2264 コーン星雲



2014年1月31日撮影 

FSQ106+0.73RD (D106mm f385mm F3.6)
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Astro60D 

ISO800 8分×15×2モザイク (総露出4時間)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像、
ステライメージ、PhotoshopCS4にて処理 
大芦高原


以前から、コーン星雲と一緒に、右方の青いカタツムリ星雲(IC2169)も入れたい
なと思っていたので、久しぶりに2モザイクをやってみました。

モザイクは、強調処理が比較的楽ですが、赤の色が思うように出せませんでした。
左端のマゼンタの色が気になっていますが、ここでギブアップしました。

少し青い星雲を出すように再処理してみました。(2014/02/05)

やっぱり気に入らないので、赤を少し落としました。(2014/02/07)


M78とバーナードループ



2014年1月23日撮影 

FSQ106+0.73RD (D106mm f385mm F3.6)
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Astro60D 

ISO1600 3分×53 (総露出2時間39分)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像、
ステライメージ、PhotoshopCS4にて処理 
大芦高原

この日は、私も撮影に行き、OACのSiriusさんとレインボーさんとも
ご一緒でした。
私は、ひたすら固定撮影で星景、CD-1で星野を撮っていました。

透明感あるバーナードループにあこがれているのですが、この露出では
とても無理なのか、腕が悪いのか・・・
それとブルーの色がどうしたらうまく出せるのか・・・課題は尽きません。





Canon5DMarkⅡ EF24-70mmF4L 24mm F5.6 ISO1600 40sec


本日の太陽・月の出没・月齢

カレンダー

01 | 2014/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 -

最新記事

プロフィール

Author: チームN
岡山県在住。夫婦で分担して、主に直焦点ガイド撮影にチャレンジ中です。

望遠鏡:
Kenko SE120
Vixen ED80Sf
Vixen R200SS
TAKAHASHI FS-60CB
TAKAHASHI FSQ-106ED

赤道儀:
Kenko Sky Explorer Ⅱ
TAKAHASHI EM-200

カメラ:
CANON EOS Kiss X2(IR改造)
Nikon D5000
CANON EOS Astro60D

カテゴリ

  • 銀河(46)
  • 星雲・星団(114)
  • 月(11)
  • 惑星(3)
  • 星景(11)
  • 未分類(17)
  • 星野(5)
  • 流星(2)
  • 彗星(3)

リンク

検索フォーム

メールフォーム

アーカイブ

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。