++ パウセ ++

Date : 2013年01月

NGC281



2012年10月21日撮影

R200SS(D200mm fl800mm F4)+ コマコレクター3
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Kiss X2(改造) 

ISO800 15分×6枚(1時間30分)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像TIF保存、
PhotoshopCS4、フラットエイドにて調整
大芦高原



昨年秋、主人が撮り始めた頃のものです。
私は暇なので、星景を撮っていました。


最近、画像処理の火がついているので、ようやく昨年からの宿題をやりました。
約三ヶ月程寝かせたことになりますが、うまく熟成したでしょうか。(>_<)


ご主人より:各画像間の回転ズレの補正が面倒だったとのこと、このところの
ズボラな極軸合わせを反省。







IC434 馬頭星雲



2013年1月9/10日撮影 

FSQ106+0.73RD
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Kiss X2(改造) LPS-P2-FF 

ISO800 10min×16(総露出2時間40分)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像TIF保存、
ステライメージでコンポジット 
フラットエイド、PhotoshopCS4にて調整
自宅庭


冷却という手がまだ残されていたんだ・・・と望みを持つ。
とりあえずは、暗い場所でリベンジあるのみ。





IC405 まが玉星雲



2013年1月11/12日撮影 

FSQ106+0.73RD
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Kiss X2(改造) LPS-P2-FF 

ISO800 7min×13(総露出1時間31分)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像TIF保存、
ステライメージでコンポジット 
フラットエイド、PhotoshopCS4にて調整
自宅庭


腕のなさ、体力のなさで、鏡筒のよさをいかせないのは悔しいです。



NGC2237、NGC2244 ばら星雲



2013年1月10/11日撮影 

FSQ106+0.73RD
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Kiss X2(改造) LPS-P2-FF 

ISO800 8min×17(総露出2時間16分)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像TIF保存、ステライメージでコンポジット 
ステライメージ、PhotoshopCS4にて調整
自宅庭


第5夜目に撮影しました。


M78とバーナードループ


フラットエイド使用後

うわさのフラットエイドを使ってみました。




フラットエイド使用前

2013年1月7/8日撮影 

FSQ106+0.73RD
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Kiss X2(改造) LPS-P2-FF   

ISO800 10min×15(総露出2時間30分)
RAP2でダーク減算フラット補正等、PhotoshopCameraRawで現像TIF保存、
ステライメージでコンポジット 
ステライメージ、PhotoshopCS4にて調整
自宅庭

1/6~11まで、天気がよかったので、自宅庭にて、主人が極軸調整をしながら撮影をしました。
画像処理は、今のところ私です。
コンポジットが終わった画像を見て、メゲました。にごった赤をどうしたものかと・・・
ご近所の光害は、パワーアップしています。
暗い場所でリベンジあるのみです。


ご主人です。街灯で、新聞が読めそうだし、機材操作は楽ですが、やはり限界。






M42



2013年1月12/13日撮影

FSQ106+0.73RD
EM-200
D50mm f200mmガイド鏡+×2バーロー+SSAG による自動ガイド
CANON EOS Kiss X2(改造) 

ISO800 5sec×12+1min×15+5min×3+10min×1(総露出41分)
PhotoshopCameraRawで現像、ステライメージで加算コンポジット 
ステライメージ、PhotoshopCS4にて調整
(RAP2によるダーク減算とフラット補正はしていません)
かもがわ総合スポーツ公園


約3カ月ぶりの遠征でした。
FSQ106での撮影をあまりしていないので、今年は、頑張りたいとは思っているのですが・・・
今回は、バッテリー問題やら、極軸、バランス問題などで、ガイドが安定せず、
オリオンが沈む直前まで粘りましたが、結局、時間切れ。予定の半分も撮れなくて
残念でした。
鏡筒の良さは、十分にわかりましたが、処理の腕がなくて、もてあますことになるのでは
ないかと思った一枚です。




観望の公園より


Canon EOS 5D MarkⅡ 
SIGMA 15mm F2.8 EX DG DIAGONAL FISHEYE + Leeソフトフィルター#3
ISO3200 F4 25sec





本日の太陽・月の出没・月齢

カレンダー

12 | 2013/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

プロフィール

Author: チームN
岡山県在住。夫婦で分担して、主に直焦点ガイド撮影にチャレンジ中です。

望遠鏡:
Kenko SE120
Vixen ED80Sf
Vixen R200SS
TAKAHASHI FS-60CB
TAKAHASHI FSQ-106ED

赤道儀:
Kenko Sky Explorer Ⅱ
TAKAHASHI EM-200

カメラ:
CANON EOS Kiss X2(IR改造)
Nikon D5000
CANON EOS Astro60D

カテゴリ

  • 銀河(46)
  • 星雲・星団(114)
  • 月(11)
  • 惑星(3)
  • 星景(11)
  • 未分類(16)
  • 星野(5)
  • 流星(2)
  • 彗星(3)

リンク

検索フォーム

メールフォーム

アーカイブ

Top